【犬育て6年の私が厳選】ペットキャリーを比較【留守番・移動で兼用】

犬との日常・楽しみ方
うさちゃん
うさちゃん

愛犬用のペットキャリーが欲しいけど、種類が多すぎて

どれを選んでいいかわからないわ…

お留守番と移動の両方で使える丈夫なキャリーはどれかしら?

丈夫で長く使えるものがいいから、キャリー選びに失敗したくないな…

今回の記事ではこんなお悩みにお答え出来るよう、

厳選したペットキャリーの特徴をわかりやすく解説します。

◆記事の内容

・留守番・移動で兼用出来るペットキャリーを比較【丈夫で長持ち】
犬育て、共働き犬育ての私が厳選
私は中型犬のボーダーコリー(♀)を育てて6年目の主婦です。
犬を飼い始めた当初は子供がいない共働き家庭。
出勤から帰宅まで10時間以上の留守番をさせながら、
生後6ヶ月の子犬を育てた経験があります。
我が家の犬は、いたずら大好きで、
2歳の成犬になるまでこんな苦労がありました。
・ハウス(家の中での犬の居場所)を壊す
・トイレトレーを壊す
・トイレシーツを破る

・ソフトタイプ(布製)のペットキャリーを破る
とにかく何でもかじって壊してしまうので、
犬のアイテム選びの失敗を多くしています。
そんな私が
実際に使用したもの
またこれだったら留守番が長くても、犬がヤンチャでも
使える!
と感じたものだけを厳選して、わかりやすく比較しました。

 

・愛犬のお留守番が長い家庭

・車や電車、徒歩など移動や外出で使用できる

・災害時も活用できる

こんなペットキャリーをお探しの方に役立てて頂ける

記事になっています(^^)

留守番・移動で兼用出来るペットキャリーを比較【丈夫で長持ち】

①リッチェル:キャンピングキャリー超小型犬・小型犬用
②リッチェル:キャンピングキャリー中型犬・大型犬用
③アイリスオーヤマ:ドライブペットキャリー
④アイリスオーヤマ:エアトラベルキャリー

上記の順で解説していきます。

リッチェル:キャンピングキャリー

リッチェルのキャンピングキャリーのサイズは4種類。

記事でご紹介しているキャリーの中で私が一番オススメなキャリー

こちらのリッチェル製キャンピングキャリーです(^^)

実際に5年以上使い続けています♪

・キャンピングキャリーのおすすめポイント
・サイズ別キャンピングキャリーの解説

上記の順に解説していきます。

キャンピングキャリーはこんな方にオススメ

・ドライブはもちろん家の中でハウスとして長く使いたい

・使わない時はコンパクトに収納したい

・丈夫で軽いキャリーが欲しい

おすすめポイント

◆ドライブ時にシートベルト固定が出来る
▼Sサイズ

▼Lサイズ

備え付けられた専用のひっかけ部分にシートベルトをかけ、

シートベルトを締めるだけで安全にキャリーを固定することが出来ます

愛犬をキャリーに入れずに運転する方も見かけますが、

万が一の事故を考えたら私はキャリー一択です(><)

我が家ではLサイズを使用しています。

写真の様に座席に対して横にキャリーを固定する場合は

ギリギリ座席からはみ出さず固定することが出来ました

犬が吠えたり暴れると若干ガタガタしますが、

落下したことは5年使う中で一度もありません。

◆扉を外してハウスとして使用できる
全てのサイズでドアの取り外しが簡単にでき、
室内用のハウスとして使うことができます。
犬は野生のオオカミの時の性質で、
暗くて狭い場所で休むことが大好き。
野生では普段から敵に狙われており、
明るく広々とした場所では常に緊張しているからですね。
適度に通気が良く、犬のサイズに合ったキャリーをハウス替わりにしておけば、
犬も安心して休むことができ、ストレスが溜まりにくくなります。
◆上下に分解・掃除がしやすい
※画像は上下に分解し、重ねた状態です。
パッキンを外して分解ができ、
水洗いや乾燥が簡単にできます。
使わない時は図のように重ねて省スペースでの収納が可能です。
◆頑丈で壊れにくい
我が家では主にドライブ時に使用しています。
(家の中ではDIYした木製のハウスを使用中)
我が家の犬は移動中に、バイクの音で吠え暴れ、
キャリーの網をよくかじっています(-_-;)
それでも使用して5年目ですが、網が少し塗装がはがれて変色している以外
どこも故障はありません
持ち運びする取っ手も適度にしなやかで、動きもスムーズです。
同じタイプの海外製キャリーでは2倍近くのお値段ですが、
リッチェルのキャンピングキャリーは半分のお値段で
充分な耐久性なので買ってよかったと感じています

あゆのこ流オススメの使い方

◆別室でサブハウスとして使う
我が家が行っている使い方です。
実はドライブキャリーとしての使い方以外に、サブハウスとして使っています。
我が家は普段1階のリビングが愛犬の生活スペースです。
我が家では子供が小さいので、
・どうしても犬が怖いお友達が来る
・乳幼児が来客、目が行き届かない
こんな時は犬に2階に上がってもらい、待ってもらうことにしています。
2階の1室にサブのハウスとしてキャリーと水飲みを設置し、
待っていてもらうだけなので、この使い方は重宝しています。
普段の居場所でない2階の部屋にうろつかせると、
粗相、階段からの落下、誤飲の心配があります。
キャリー自体はドライブ時の使用で慣れていて、犬の匂いがついています。
犬はストレスを感じることなく、安心して休むことができ、一石二鳥です(^^)

ちょっと心配な点

◆扉を外した際、犬がかじった場合の耐久性
どのドッグキャリーも同じことが言えますが、
扉を外した際に犬がキャリーをかじった場合、どうしても壊れやすくなります
リッチェルのキャンピングキャリーは丈夫で安全な作りですが、
日に何度も犬の鋭い歯でかじれば、消耗は早くなってしまいます。
▼対応策
・在宅時にキャリーをかじっていたら、「ダメ」と注意する
何度も教えてキャリーをかじることはダメだと伝えます。
もちろん暴力は厳禁。
ダメと注意して、辞めたらほめてあげましょう
▼気を付ける点
・かじって壊れそうな場合はすぐに買い替える
何度もかじっていると、プラスチックが割れて愛犬の誤飲の原因になります。
お留守番前にチェックし、割れている場合は
早めに買い替えを検討しましょう。

①リッチェル:超小型犬・小型犬用キャンピングキャリー・ダブルドア

※写真はSサイズです

サイズS (体重5kg以下)31.5×47×28.5H(cm) 1.8kg
M (体重8kg以下)36.5×57×36.5H(cm) 2.4kg
飛行機×
キャスター×
超小型犬・小型犬用おすすめポイント
◆ダブルドアで上部から抱き上げて愛犬をケージに入れることが出来る
次にご紹介する、アイリスオーヤマ製品と同様に、
上部から愛犬をキャリーへ入れてあげることが出来ます。
愛犬が抱っこしていることが多い、
キャリーに入ることに慣れていない場合に便利な上扉です。
◆別売りのキャリー用ショルダーベルトで肩にかけられる
created by Rinker
リッチェル
¥798(2020/11/24 06:07:24時点 Amazon調べ-詳細)
簡単に着脱できるショルダーベルトで、
電車やバスなどの乗車時、
長距離を歩く場合に便利です。
ほぼ同じ機能を備えるアイリスオーヤマ製ドライブペットキャリーの
ショルダーベルトに比べると、こんな部分が優れています。
・重みがかかる肩部分のクッションが厚い
・取付けが簡単で丈夫な金属フック
こんな便利なセットがありました(^^)
移動用に便利なキャンピングキャリーのお得なセットを発見しました!
▼セット内容
・キャンピングキャリー ダブルドアS
・小さ目のウォーターノズル
・ショルダーベルト
お出かけ用のウォーターノズルやショルダーベルトを用意していない方はこちらで揃えればお得ですね(^^)
ちなみにウォーターノズルは、普段使いのものでも使用できます。
ですが、付け替える手間を考え、我が家ではこちらと同じ小さ目のウォーターノズルを買い足し、つけっぱなしで使っています
▼専用のキャリーカバーが用意されています。
電車などの交通機関など吠えてほしくない時に便利です。
(犬は暗くて狭い場所が好きなので、暗いと落ち着きます)
カラーはグレーとブラウンが用意されています(^^)

②リッチェル:中型犬・大型犬用キャンピングキャリー

※写真はLサイズです

サイズL (体重20kg以下)46.5×66.5×51H(cm) 5.2kg
XL(体重40kg以下)62×87×65H(cm)  8.9kg
飛行機×
キャスター
中型犬・大型犬用オススメポイント
◆移動に便利なキャスターが付いている
中・大型犬用のキャリーはキャリー自体の重量が重たいです。
(中型犬用でも5kg)
大きさも大きくかさばるので、キャスターはありがたい機能です
ただ、犬を乗せたままキャスターを使えるか…は少し疑問です。
キャリーが傾いて犬の足元が不安定になり、
犬が怖がるかな?と思い犬を乗せたままのキャリー移動は
今のところ行っていません。
◆二人で持てるよう持ち手が二つある
他製品にはない特徴として、
キャンピングキャリーには持ち手が二つあるということです。

・犬が万が一歩けなくなった時
・公共交通機関を利用する時
・災害時などケージから出せないが移動が必要な時

こんな時、特に体が大きく体重が重い中大型犬の場合、
持ち手が役に立ちます。
キャンピングキャリーは部品を買い足すことができる
万が一扉やパッキンが壊れても、部品の買い足しが出来ます。
ケージ本体さえ壊れなければ、
長く使い続けられるのがリッチェル製のキャンピングキャリーです。

③アイリスオーヤマ:ドライブペットキャリー

サイズS (体重5kg以下)32.1×51×H28.7(cm) 2.4kg
M (体重8kg以下)37.5×59.2×H37(cm) 3.4kg
飛行機×
キャスター×

上記でご紹介した、リッチェルキャンピングキャリーとほぼ機能は同じ

アイリスオーヤマ製のペットキャリーです。

違いを比較しながら、わかりやすく解説します(^^)

ドライブペットキャリーはこんな方にオススメ

◆ポップなカラーのキャリーが欲しい
リッチェル製キャンピングキャリーとほぼ同じ機能を備えていますが、
ポップなカラーバリエーションがそろうのはドライブペットキャリーです。
リッチェル製キャンピングキャリーでは
ダークブラウン、ライトピンク、アイボリーと落ち着いた色味が揃うのに対し、
・ホワイト
・オレンジ
・ブルー
これら3色から選ぶことが出来ます。
海外製品も含め、丈夫なハードタイプキャリーは落ち着いた色合いが多いので、
ポップな色合いが好きな方にはうれしいカラーバリエーションです。
◆飛び出し防止用リードが付いている
このようにキャリー内に、飛び出し防止用のリードが2本付いています。
前扉を開けた際に、万が一の飛び出しを防止してくれるので、
人や車通りが多い場所で犬を開放する時は安心して犬を放すことが出来ます。
▼付属の飛び出し防止リードを使う際の注意点
・犬がキャリーに慣れていない
・犬が成犬に満たない子犬で落ち着きがない
こんな場合は、愛犬がキャリー内にいる時に
リードを噛んでしまう場合があります。
リードを噛んでしまうと、引きちぎってリードを食べてしまったり、
予期せぬ飛び出し事故の原因になります
犬がキャリーに慣れるまでは、リードを噛んでいないか
マメに確認をしましょう。

ドライブペットキャリーちょっと残念な点

◆キャリー自体の重量が重め
ほぼ同じ機能を持つリッチェル製キャンピングキャリーに比べると
ドライブペットキャリーの重量は少し重めです。
▼Sサイズ(体重5kg以下)比較
ドライブペットキャリー:アイリスオーヤマ2.4kg
キャンピングキャリー:リッチェル1.8kg

付属のショルダーベルトを使用すれば、

さほど気になる重量差ではありませんが、

持ち手で持ち、プラス愛犬の体重がかかると、重たく感じることもありそうです。

キャンピングキャリーとドライブペットキャリーの比較

似た機能を持つ二つの製品の違いをまとめました。

キャンピングキャリー

リッチェル)

ドライブペットキャリー

(アイリスオーヤマ)

中・大型犬用×
キャリー内リード×
重量(Sサイズ)1.8kg2.4kg
上扉開閉の向き縦に開ける横に開ける

 

ドライブペットキャリーの種類・別売り付属品

▼Sサイズ(体重5kg以下)

アイリスオーヤマ ドライブペットキャリー PDPC-500 ホワイト Sサイズ
created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥4,9202020/06/04 22:29:13

▼Mサイズ(体重12kg以下)

▼ショルダーベルト

④アイリスオーヤマ:エアトラベルキャリー

サイズSS(ATC-460) 体重5kg未満29×46×H28.5(cm) 1.7kg
S(ATC-530)   体重12kg未満37×53×H37(cm) 3kg
M(ATC-670) 体重20kg未満47×670×H51(cm) 5.2kg
L(ATC-870) 体重35kg未満62×87×H65.5(cm) 11.4kg
飛行機
キャスター×

エアトラベルキャリーはこんな方にオススメ

エアトラベルキャリーの最大のメリットは

飛行機に載せられること

  • 飛行機を使って愛犬を連れた旅行に出かけたい家庭
  • 近々飛行機に乗って引越しする予定がある

こんなご家庭にオススメのキャリーです。

もちろんお留守番中に家の中で使用することができます。

エアトラベルキャリーのオススメポイント

◆鍵をかけることが出来る

考えられる利用シーンは下記の通りです。

・飛行機に載せる際の防犯対策

・お出かけ先でどうしても目を離さなければいけない時

・愛犬が暴れん坊で何かの拍子に扉が開かないか心配な時

人出の多い場所へ出かけるご家庭にはうれしい機能ですね(^^)

犬を置いて離れる…というのは我が家では少ないですが、

子供が小さくトイレなどどうしてもの際はあると便利かもしれません。

エアトラベルキャリーちょっと残念な点

・Lサイズの重量が重い

愛犬が大型犬の場合、リッチェル製キャンピングキャリーと比べて重量が重いことが気になります。

・リッチェルキャンピングキャリーXLサイズ(体重40kg以下)

8.9kg

・エアトラベルキャリーLサイズ(体重35kg未満)

11.4kg

家庭内で使う分には、置きっぱなしで重さはあまり関係ありませんが、

頻繁にキャリーを使う場合に2.5kgの差は大きいですね(^^;)

飛行機利用が多いご家庭ならエアトラベルキャリー一択ですが、

愛犬を飛行機に載せることがほとんどないご家庭の場合は

リッチェル製のキャリーの方が軽くてキャスター付きなので使い勝手が良いですね。

▼エアトラベルキャリーのご購入はこちらからどうぞ♪

まとめ:ペットキャリーでドッグライフを楽しみましょう

ネットショップやホームセンターではたくさんのペットキャリーが売られています。

大人しい犬なら、比較的どんなキャリーでも長く使うことは出来ますが、

使い勝手や丈夫さ、お留守番との相性を考えると使えるキャリーは限られていきますね。

丈夫で長持ちする使い勝手の良いキャリーを選ぶことで、

・お利口で留守番が出来ると日々のドッグライフが楽しくなる
・使いやすいキャリーだとお出かけを心から楽しめる
・キャリーに慣れていると災害時も安心

こんな風に犬との生活を充実させることが出来ます(^^)

こちらの記事がキャリー選びの参考になれば幸いです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました